最 新 記 事
カテゴリー別
月 別 記 事
SEARCH









30日

今日のお客さんは昔の常連さんで昨年から復活組で常はレンタルで出られている京都の高木さん。
「夏場所教えて下さいよ」ガイド。



「とりあえず釣るだけならピッチンショットで流してたら釣れますよ」に「テキサスで釣りたいです」だったので船団が生まれている赤野井は素通りし、下物ピンはレンタルで出られてる馬場崎さん中心に数艇浮いていたので自衛隊沖へ向かう。
奥村部長のボートはバイタルに有ったから「ノンビリできるだろう」と思っていたが思い通り誰も浮いて無い。



船団はKKR沖と井筒沖と井筒マリーナ沖に連なっていた。
「とりあえず打ってたら釣れますよ」でライトテキサス問答無用セットで打ち切り勝負スタート。
数投目で僕に56センチヒット。



ここから高木さんの大我慢三時間が始まる。







当たりが出るのは僕ばかり、10時前に高木さん初当たりがスッポ抜け!
北に有った船団からボートが流れて来て、そのボートの数に走ってるボートが引き寄せられ浮く。
「そろそろ動きますよ」と高木さんに告げた11時前!
高木さんに53センチヒット。



誰も居なかった景色が無くなり移動。
カネカ沖で一服キャストしてると下物沖から馬場崎さんが声掛けに来られ「朝、下物ピンボコボコでしたよ」といつも通り釣られていた。



11時半、早めの昼食移動。
昼食後、「スピニングピッチンショットで流してたら釣れますよ」と言ってたハズが今日は苦労する。
最初に赤野井沖に入りのひと流し目に僕にヒットしたが、後が無く、下物沖流し・下物沖ピン・赤野井沖ピンのライトテキサス・赤野井沖ドラッキングとウロウロしながらポツンヒット。





15時にノー感じの赤野井沖から下物沖へ移動し流してると風が変わった。



「風変わったから戻ります」で赤野井沖へ帰り流し始める「昨日と同じ条件に成ったし、釣れんかえ」とぼやいた瞬間ダブルヒット!



続いて僕が掛けバラシ。
「さあ、最後の流しですよ」に「最後に来ました!」で高木さんにヒットで16時5分終了。


2014.07.31. Thu 07:34
BASS
29日

今日のお客さんは愛知からの野木森さんと小林さんのお二人。
野木森さんは先月十日に初ガイドで来ていただいての二回目。
スタート後、下物のピンに入り「風無いのでスピニングピッチンショットでもヘビダンでもどちらでもイイですよ、とりあえず打つだけです」で釣り始めて僕に豆バスヒットしたが「雰囲気違うので移動します」で自衛隊沖へ「ここはライトテキサス問答無用セットで打ち切り勝負ですよ」で釣り始めると野木森さんに当たりが有るが野木森さんノー感じ「それ食ってますよ」で野木森さん空振り!



しばらくして「来た!」で野木森さん鬼合わせ!
しかし合わせ時にクラッチ押しで大バックラッシュ!



「わー!やってしまった!」の野木森さんに「バス掛かってますよ、バックラッシュ無視してライン手繰って下さい」で野木森さんの今日初バスは手釣りでゲット。



前回もそうだったが野木森さんは釣り大好きだけどセンス0の釣り人。
「ほんまに野木森さんらしい釣れ方やね、琵琶湖のバスも優しいわ」と茶化し笑いながら釣り続けた結果は写真通り。





まともな動作の小林さんは置いてきぼり!















11時、井筒沖には船団が生まれ下物にはボートの影無し「ほんまにおもろいな」で風出たので下物に浮いてスピニングピッチンショットにフリックシェイクワッキー掛けのドラッキングスタート。
ここでも野木森さんヒットで昼食。
昼食後はガラガラの赤野井北側沖ウィードエッジに入りドラッキング。
完全にリズムが狂った小林さんを尻目に今日は神憑りの野木森さんが連発超ご機嫌タイムが続き「やっぱりロッドが違うよ、下野流買ってきて良かった、竿換えたげよか」と小林さんをかまい始める。









そして、マンガの様な1日の締めは「このひと流しで終わりですよ」の僕の声で小林さんが野木森さんに「最後やし使わせて」でロッド交換。






すると小林さんに50センチヒット!



「ほんま、マンガやで」で4時終了。
ちなみに釣り始めた時には誰でも浮いて無かったのに船団を後にして帰った。

2014.07.30. Wed 11:24
BASS
28日

今日のお客さんは常連さんの愛知からの柳本さんとお友達の町田さん。
「町田君遅れるんですよ。到着時点でピックアップしてもらえますか?イイですかね?」でスタート。
とりあえず下物沖に入るが風が弱いのと向きが悪い「昨日はゲンでも釣れたけど、今日は沖は苦労しそうやで」と浚渫がらみのウィード狙いとフラット狙いの条件の違いを説明しながらスピニングピッチンショットにフリックシェイクワッキー掛けでドラッキングを始めると柳本さんにヒット。



「コロンコロンですね、よう引きますね」と興奮ぎみの柳本さんだったが「やっぱり今日の天気はここより自衛隊沖かな」でしばらくチェックした後で移動。



「昨日は八田君がトーナメントで二時間位やり切って30センチクラス一匹やったけど、今日は釣れると思うで」でライトテキサス問答無用セットで打ち切り勝負スタート。
「意地悪メールしなアカンやん。僕のイシダイ釣りと同じやで」とブリンブリンの綺麗なバスを釣られた柳本さんに、夜勤明け時間遅れで家を出られて事故渋滞でイライラ運転中の町田さんに「これ何か知ってる?」意地悪写メールを送って二人でワイワイタイム。







10時半に到着の町田さんを迎えに戻って、下物のピンに入る。

「ここは、じっくりやりますよ。ピッチンショットでもテキサスでもヘビダンでも置いて待つだけですよ。何でもイイですよ」で周りにはボートが数艇浮いていたが、たまたま空いていたピンで釣り始めると町田さんのヘビダンカットテールにヒット。





「飯前に釣れて良かったですね」で昼食。
昼食後は風がまだイイ感じで出て無いので「風出るまで、ここで我慢やね」で自衛隊沖に入りライトテキサス問答無用セットで打ち切り勝負スタート。



「やっぱり釣りに来な魚は釣れへんね、遅れてもうエエわで来るの止めてたら、これ釣れてへんな。ルアー投げてたら何か起きるかもやし、家に居てたら絶対釣れへんもんな」の53センチが町田さんにヒット。





北風が自衛隊にも届いてきたので下物へ移動しスピニングピッチンショットでのドラッキングスタート。
一ヶ所目で柳本さんにヒット、二ヶ所目はノー感じで「やっぱり一週間叩かれたら小澤さんみたいな釣れ方せえへんな」で「アクティバも赤野井も釣れるけど、もう皆無視始めて下物詣りやし、赤野井打って終わろ」で広々している赤野井で「なーあ!」のブリンブリンバスヒットで4時15分終了。









ガイドお客さんで喫茶お客さんの森本夫妻からグレ釣れたよメール


-----------------------------------------------------------------------------------

お疲れさまです。





昨日の釣果は私がグレ33センチと36センチのバッカンより少し大きいサンノジ。
嫁がグレ20センチ。
あとは二人ともガシラとネンブツダイが多数という結果でした。
のった磯は帰って調べたところ、西穴だと思います。
不安でいっぱいでしたが、月初めにキス釣りに行った際に
「初めてです」「僕達でも沖磯行けますか?」と質問したのを覚えてくれていて、
受付で「来たんやね〜」と受け入れて下さり、船長もお客さんも色々と助けてくれて、
磯にのるのも、降りるのも、少し気持ちが楽でした。
お盆に桧原湖にスモール(実物を見た事ないので)を釣りに行くのでその後になりそうですが、
次回、磯釣りをすでに予定中です(笑)
「下野さん!磯釣り楽しいです!」
教えて下さりありがとう御座います。
2014.07.30. Wed 10:40
BASS