最 新 記 事
カテゴリー別
月 別 記 事
SEARCH









30日

「二日連チャンなんで明日は北へ観光(笑)に行ったらエエし、今日は普通に大我慢大会しますよ」で木浜へ向かい凪なのでライトテキサスに安田さんはシザーコーム6インチを僕はピッチンスティックセットで釣りスタート。ボートは僕達以外に一艇だけで打ち続けるがノー感じ、しばらくすると船団完成。昨日はこのスポットより200メーター位南側に船団が出来たのだが、僕の様にワンスポットを使い始めると一週間から三週間以上を毎日やり切ってると毎回日にちが過ぎるに連れて船団の出来方が楽しく成って来る。

スピニングに持ち変えてドラッキングすると、とりあえず安田さんに久しぶり琵琶湖バスヒットしたがボートが多く流し難いので空きの南側のスポットまで流した後に久しぶりに赤野井沖ピンに入りライトテキサス勝負スタート。すると僕に55センチヒットと数匹ヒット。木浜の船団がバラけたので戻りスピニングのライトキャロで流すが34センチまでの豆バスのヒットが続き、昼御飯前にようやく安田さんに40センチヒット。













昼食後、赤野井沖ピンに入りライトテキサス再勝負スタートすると僕に55センチ頭にプチラッシュするが安田さんには出ずに雨降りだす。雨が上がり気配が止まり木浜がガラガラなので向かう。ここから45頭の七連チャンだが安田さんはリズムに乗れないまま4時終了。












安田さんが「珍しい物持って来ましたよ」で出てきたのは僕が40才の時に作ったテレビゲーム。安田さんの仕事場の31才の部下の方が小学生の時に買われ大事にお持ちに成られていたらしい。このゲームは発売当事ゲーマーの方達には大不人気で話題に成った。それはゲームばかりしているゲーマーの方達には得点が上げられ無かったからだ。それを聞いた時に僕は「ざまーみさらせ!」とほくそ笑んだ。





このゲームは琵琶湖南湖の水深・地形等々は実際上のデータで、各スポットのバスの動きや釣れる釣り方ルアー等々も僕の釣り方パターンでデータ入力をしているから「バス釣りを知らない奴」にはバスが釣れ無いゲームに成ってる。反対に言うなれば、このゲームでバスが釣れて高得点が出せれば今の琵琶湖南湖でもバスが釣れる訳だ。

いつも言うがバスの基本的動きが毎年千差万別コロコロ変われば「バスの動きを読んでバスが今一番釣れる場所を探すバス釣りは成り立たない」。僕の古い本に書いてるバスの探し方・狙い方・釣り方は今でも同じ事を毎日繰り返している。このベーシックな釣り方で、今200名を越えたガイドの中で一年を通して僕は釣り負けているだろうか? 毎年コロコロ変わる釣り方や新製品ルアーに僕が今まで作って今でも使うルアー達や釣り方が負けてるだろうか?


 
2015.07.31. Fri 07:40
BASS
29日

今日のお客さんは千葉からの川村さん。
夜行バス移動でフルレンタルなのでJR堅田駅に迎えに行きコンビニ買い出し後に艇庫からスタート。川村さんは今までに岸釣りでは数回琵琶湖には来られてるがガイドは初体験日。

その初体験日に「釣り難いですよ」でスタート。木浜でのライトテキサス打ちから釣り始め川村さんはシザーコームセットで僕は「週末にあるチャプタートーナメントでシザーコーム使え無いからエコワーム色々投げますけど気にしないで下さいよ」で打ち続け、僕がピッチンスティックセット時にデカバスをミス。全くの凪で最高に暑く途中何回もボートで走って「扇風機タイム」。

8時過ぎからはスピニングを持ってエレキでドラッキングスタート。10時からは北風が吹き始め体感的温度も下がり、ドラッキングも北風に乗ってやり易く成る。しかし豆バス当たりは有るものの、まともサイズの当たりが無い。いつもの水曜日でボートの数は土曜日並に多く、このエリアにも入れかわり立ち代わりボートが入って来るが今日はポロリヒットも少ない。







結局、まともサイズは僕に三匹と途中にピッチンショットにフリックシェイクセットで豆バス釣りしながら30から34センチクラスを狙っても川村さんへのヒットは少なく僕に数匹ヒットのみで4時に成り、久しぶりの残業タイムスタートで4時半頃に川村さんに46センチヒットで4時45分終了。川村さんを堅田駅へ送って、帰りの夜行バス時間までの時間の潰し方をお教えてガイド終了。





2015.07.30. Thu 10:16
BASS
28日

今日のお客さんは常連さんの京都の高木さん。
今春に沖の島へ行ってエレキが降りたままロックしてダラダラとアイドリングで帰って来て以来のガイド日。この間に二回ガイド予約いただいたが不成立で久しぶりガイド日。

それが朝から「釣り難いですよ。引き運勝負ですよ」が挨拶でスタート。凪だったので木浜でライトテキサスにシザーコームセットで釣り始めもらう「僕は週末トーナメントなんでシザーコーム使え無いからエコで使えるワームチェックしますよ」で打ち続ける。気配無しで「打てるうちに赤野井チェックしますか」で二ヶ所チェックするがテキサスでは反応無し「ほんまは9時狙いやけど、木浜戻りましょ」で8時半からもう一度木浜でライトテキサススタート。すると高木さんに大豆バスヒット。



そして9時からは南風の中ライトキャロにシザーコームセットでドラッキング我慢大会スタート。








昼過ぎから北風に変わって流しやすく成った。
結果、写真の40アップ以外に30から34サイズが六匹と豆バス数匹。今日はまともサイズが少し小ぶり日だった。















2015.07.29. Wed 07:35
BASS