最 新 記 事
カテゴリー別
月 別 記 事
SEARCH









12月28日


今日から年明けまでガイド受付を止めたので今日は確定休み日。
昨夜「しばらく行けそうに無いから紀伊長島地磯行くか?」とゲンを誘って地磯道具を車に積み寝た。「おじいさん風呂日やし、気持ち早よ出るで」とゲンに言ってたのに僕のミス! ラシーンのキーが無い。本当にどんくさい。30分ロスで家を出たので水口と土山の通勤渋滞に当たり!で紀伊長島地磯に9時半着。



心配していた先客は家族連れが防波堤で釣られていて地磯には誰も居なく「ラッキー!」で地磯へ向かう。途中「デカイの居る!六匹居るわ」と地磯裏のチヌ場に50センチ前後チヌの姿。これを見て「居るしチヌ釣りするわ」のゲンは地磯裏に陣取り、僕は地磯のゲン場所で竿を出したのが10時。第一投、凪の水面でウキが動かない「遅れたし当たり出るの11時位かも」と車の中でゲンに言っていたが潮が止まっていてハリに刺したオキアミは永遠にそのままの時間が過ぎる。コッパや餌取りの当たりも無い。





そして11時過ぎに潮が動き始めたが、竿四本から五本沖へと投げたウキがアッと言う間に磯へと寄って来る。潮が沖や左右へ動かず磯に当たって来る。「最悪!」と思いながらウキが押されながら沖の狙いの根に通る様に投げる位置を探して「ひょっとしたら、押されててもスパッとウキが入るかも」と思うのが釣り人。しかし何も起こらず、ゲンも「撒き餌のオキアミは時々つつきよるけどハリス付いてるのは無視やわ」でギブアップ。


「カレーウドン食うて帰ろ」で12時半納竿。
防寒磯着の下に着込んだフリースを脱ぐ位雲一つ無い晴天で暖かく、最高の日向ぼっこと美味しいカレーウドンを食っただけの紀伊長島日。タイミングさえ良ければ2時間3時間でこましなグレの引きを楽しめる紀伊長島地磯だが、やっぱり今の僕の引きが無い事が強すぎる。4時に堅田着で壊れた冷凍庫を買いに行ってから家に帰ってパッキーラム散歩行って、実家へ親父風呂での1日。





2015.12.30. Wed 08:05
グレ
12月27日


今日は超常連さん東京からの吉川さんに「来ても新幹線代勿体ないよ」で中止としたので空き日。琵琶湖が北西風でダメな時は福井側も波浪や雪でダメだが、三重側は晴天絶好の釣り日和に成る。ガイドが無いと「釣り行きたいな」だから福井がダメなら三重へ行くのだが今日は日曜日。

「紀伊長島の地磯も波止も人だらけやろな、福井は波3から4メーター雪予報やし、日曜日ヘラ池もエエけど三十日忠cup(ヘラ年末例会)やし、ヘラは並ばんと面白無いし・・・・・」でダラダラ日決定。




 
2015.12.30. Wed 08:00
etc.
12月26日

今日のお客さんは超常連さんの兵庫からの藤居さん。

今月十一日にも来ていただいたが雨・風で中止に成って「今日は天気は引いたけど風強いですよ。でも南東やし沖島行けたら北岩場は風裏ですよ」でスタート。




いつも通り近江八幡沖は吹き抜けて波高くは成ってたが北岩場に回り込むと風裏で「帰り我慢したらエエだけやし風裏の間は打ちましょ」で釣りスタート。

しかし、二十三日の柳本さんガイド時に見つけたボートポジションにはベイトフィッシュの姿が無く「水曜日にいつものボートポジションでダメでここにベイトが群れてて釣れたんやけど、何も居ませんわ、ベイト無いと釣れへんし」と二ヶ所を打ちチェックしたが帰る事にした。

北東岸ラバージグ場を30分チェックしてからウネリの中、名鉄まで移動しチェックしたが「沖島にベイトいたら昼までは打ったんやけど、あれでは釣れへんし、今日もダメですね」で10時にガイド不成立で終了。

ボートを上げながら明日ガイドの東京の吉川さんに状況メールして、運良く新幹線乗られる直前に電話で話せ「今、南から爆風やわ、沖島のベイト消えたし、もし風弱く成っても釣れるとこ無いわ、新幹線代勿体ないし荷物は送り返すわ」で明日のガイド中止決定。

吉川さんは我が家泊の超常連さんなので家に帰って「今日の吉川君の晩飯エエわ、明日中止にしたし、荷物送り返して」と伝えて今年のガイドは全て終了。

今月は六日間を中止にしたのでガイド収入よりガソリン代支払の方が多く成って、Z522のロアギアが壊れて大赤字月と成って最悪。

しかし久しぶりに荒れた湖面を520で走ってボートを揚げる時に「やっぱり520は走って気持ちエエな、レンジャーオブレンジャーやな」とポロっと口に出したら藤居さんも「帰って来る時バスボートって気持ちエエなと思ってましたよ」と言われていた。
ほんまに今年はボート修理に始まって修理中で終わる一年だった。

2015.12.27. Sun 07:09
BASS